ふるさと納税NEWS

『ふるさと納税専用カンタン確定申告』のご紹介

2019年(令和元年)分の確定申告が迫ってまいりました。

確定申告の準備はお済みですか?

ふるさと納税で「ワンストップ特例制度」を利用しない場合、または締切に間に合わなかった場合は『確定申告』をする必要があります。

慣れてしまえば大したことない作業ですが、初めての方は不安もあることでしょう。

そんな方には「ふるさと納税専用カンタン確定申告」がおすすめです。

「ふるさと納税専用カンタン確定申告」とは?

ふるさと納税サイト『さとふる』が運営している確定申告書の作成サイトです。「5分でできる」と謳われるほど、誰でも簡単に申告書の作成ができます。

「ふるさと納税専用カンタン確定申告」に挑戦

本当に簡単に申告書が作成できるの?

実際に「ふるさと納税専用カンタン確定申告」を利用してみました。

目からウロコとはこのこと。

本当に簡単に作成できてしまいました。

「5分でできる」はさすがに無理がありますが、10分あれば私にも作成できました。

私はいつも国税庁「確定申告書等作成コーナー」を利用しているのですが、「ふるさと納税専用カンタン確定申告」の方が断然使いやすいです。

『さとふる』に会員登録していない方でも利用できますから、一度ご覧になってみてください。

利用できないケース

以下に該当する方は「ふるさと納税専用カンタン確定申告」は利用できませんのでご注意ください。

  • 給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
  • 2か所以上から給与の支払を受けている方
  • 災害減免法により源泉徴収の猶予などを受けている方
  • 源泉徴収義務のない者から給与等の支払を受けている方
  • 年末調整で適用を受けた控除の変更や、適用を受けていない控除の追加が必要な方
  • ふるさと納税にかかる寄附金控除について、ワンストップ特例制度を利用する方

*上記該当する方は、国税庁「令和元年分確定申告」をご覧ください。

確定申告には期限があります

2019年(令和元年)分の確定申告は2020年2月17日(月)〜3月16日(月)まで。

個人事業者の方は3月31日(火)までです。

ワンストップ特例制度を利用していない方は忘れずに申告しましょう。
かなこ

-ふるさと納税NEWS

Copyright© 楽楽ふるさと納税ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.